名古屋 栄 タイコ接骨院

電話で予約 ネットから予約

TOPICS POST トピックス

脚が太くなる座り方はやめましょう

名古屋市栄タイコ接骨院の岩田祐典です。

今回は女性の方が無意識にやってしまいがちな座り方を

なぜそれがダメなのかを踏まえて解説していきます。

間違った座り方をしていると太ももが太くなるので注意しましょう。

 

間違ったイスの座り方

小さい頃特に女性は「股を閉じて座りなさい」と

言われた記憶はないでしょうか?

もちろん股を閉じて座ることは大事ですが

間違った解釈をして、座る癖がついてしまっている

女性はかなり多い印象を受けます。

 

下の写真のように

『膝同士はついているのに、足首は離れている』

このような座り方になっていませんか?

この座り方が普段から癖になり続けて座っていると

『股関節が内旋位』になります。

これは脚が内に捻れている状態のことを言います。

 

間違った床の座り方

床に座る時足首が開き、お尻が床にベタっとつくような

『女の子座り』していませんか?

これも脚が内に捻れ内旋位になってしまいます。

特に女性は男性よりも骨盤と股関節の形状上、

『女の子座り』がしやすい構造になっている事が多いため

圧倒的に女性がこの座り方をしている人が多いです。

 

生活様式でイスに座っての生活、床に座っての生活いろいろあると思います。

日常的に悪い座り方をしていると日々の積みかせねで

身体にはかなり負担がかかってしまいます。

特に太ももが張る、太ももだけ異常に太いなと感じる方は

この座り方を無意識にしてしまっている可能性があるので要チェック!

 

股関節が内に捻れるとどうなるか?

股関節が内旋位になると身体に負担をかける事が多いです。

【股関節内旋位が身体に及ぼす影響】

・骨盤が前傾位に歪む

・太ももの前面に負担がかかる

・脚の筋肉全体の活動量低下

・お尻や腹筋が活動しにくくなる

など様々な問題が発生

こうなると見た目的な問題はもちろん、腰痛や股関節痛などの症状も出てきます。

 

股関節内旋位の人の特徴

・骨盤が歪んでいる

・お尻のたるみ

・ぽっこりお腹

・反り腰

・O脚

・下半身太り

・太ももの前張り

 

この特徴に当てはまる人、気になっていた人は

座り方など日常生活から気をつけてみましょう。

 

正しく座るには

 

【イスに座る時】

①膝と足首の両方をつけて座る

②膝と足首を同じ幅に広げて座る

 

【床に座る時】

あぐらをかいて座る

 

この座り方を意識する事で

股関節が内に捻れるのを防ぐ事ができます。

日常生活のなにげない事を気をつけることも

健康的な体を作るのに大事なのでまずは「座り方」意識してみましょう。

 

 

 

関連記事リンク

正しい呼吸をするための準備〜3つのポイントをチェック〜 | 名古屋 栄 タイコ接骨院

正しい呼吸をするための準備〜3つのポイントをチェック〜

 

姿勢改善は自分の姿勢を知るころから始めましょう! | 名古屋 栄 タイコ接骨院

 

姿勢改善は自分の姿勢を知るころから始めましょう!

腰痛のきっかけは日常生活にあり | 名古屋 栄 タイコ接骨院

 

腰痛のきっかけは日常生活にあり

 

 

 

TEL 052-717-2261 〒 名古屋市中区栄5-16-11 矢場町駅3番出口から徒歩20秒 ※予約優先制ですのでお電話でご予約をしていただくとスムーズにご案内できます。 メールでのお問い合わせはこちら