名古屋 栄 タイコ接骨院

電話で予約 ネットから予約

TOPICS POST トピックス

正しい舌の位置とは?~舌の位置異常が腰痛・肩こり・姿勢の崩れを誘発する~

名古屋市中区栄のタイコ接骨院代表の岩田泰典です。

今日は正しい舌の位置について解説していきます。

 

正しい舌の位置とは?

 

普段の舌の位置は舌先が上の前歯のすぐ後ろの歯茎につくのが正しいです。ここをスポットポジションと言います。

舌をぽんっと鳴らすあの音が鳴る前の状態が正しい舌のポジションです。

このポジションに舌がないと様々な症状を引き起こします。

 

舌の位置異常が引き起こす問題

 

①気道を圧迫して口呼吸になる。

(肩こり/猫背/腰痛/冷え性/乾燥肌/口臭/歯並びの崩れ/細菌やウイルスの感染増大/睡眠時無呼吸症候群の誘発)

口呼吸をする危険性についての詳しいコラムはこちら
冷え性対策はトレーニングと呼吸にあり!

②顔周辺の筋肉の活動が低下することによる顔のたるみ・二重顎

③発音や活舌を悪くさせる

④異常呼吸による体幹筋の機能低下のよるたるみや太り。

(お腹のたるみ/お尻のたるみ/二の腕のたるみ/胸のたるみ)

 

 

舌の位置を矯正する方法

 

STEP1 舌の正しいスポットでの日常生活

舌の先端の正しい位置は上顎の前歯の根元の少し後ろにあり、この位置をスポットと言います。

スポットをいつも意識することで舌の位置が安定します。

電車に乗るとき、テレビを見ている時など常にスポットを意識してみてください。

 

STEP2 舌の筋トレオープン&クローズ

①舌の先をスポットに付け、舌の奥を上顎にべったりつけます。

②そのまま口を閉じたり開いたりを繰り返します。

これをオープンアンドクローズといいます。

 

オープンアンドクローズによって舌の筋肉が付き、正しい位置に固定できるようになります。

 

合わせてこちらの呼吸のトレーニングも行うとなお効果的です。

 

呼吸についての詳しいコラムはこちらを参考にして下さい。

正しく呼吸をすることが肩こり・腰痛の改善に繋がる

 

正しい舌のポジションを習得する事で正しい呼吸に近づきます。

毎日毎秒する呼吸に関係する事なのでしっかりと舌のポジションを意識していきましょう。

 

TEL 052-717-2261 〒 名古屋市中区栄5-16-11 矢場町駅3番出口から徒歩20秒 ※予約優先制ですのでお電話でご予約をしていただくとスムーズにご案内できます。 メールでのお問い合わせはこちら