名古屋 栄 タイコ接骨院

電話で予約 ネットから予約

TOPICS POST トピックス

骨盤の歪みは腹筋をダメにする~O脚による~

名古屋市栄のタイコ接骨院の岩田祐典です。

 

今回はO脚と腹筋の関わりを解説していきます。

O脚の人は前にも説明した通り、股関節が内に捻じれている人が多く見られます。

このパターンのO脚は骨盤・腹筋に悪影響を与えてしまいます。

 

O脚による骨盤の歪み

骨盤は周りの関節・筋肉の影響を受けやすく、歪みが生じます。

人間の身体は運動連鎖と言って、関節が隣り合う他の関節に影響を及ぼす連鎖を起こします。

O脚の場合、股関節が内に捻じれているパターンが多く見られます。

この股関節の捻じれが骨盤を過度に前傾させる連鎖をします。

 

骨盤と腹筋

腹筋は骨盤の傾きに影響する筋肉の1つです。

逆を言えば骨盤の傾きで影響を受ける筋肉でもあります。

骨盤は腹筋や背筋の適度な緊張により安定します。しかし、O脚による骨盤の過度な前傾は腹筋に力が入りにくくなり、代償するように背筋がガチガチに硬くなってしまいます。

その結果、お腹がポッコリ出たり、腰が痛くなります。

 

<O脚の連鎖パターン>

→股関節の内旋

→骨盤の過度な前傾

→腹筋の弱化・腰痛

 

レッグレイズ

レッグレイズは特に腹直筋の下部を鍛えるトレーニングです。

腹筋を鍛えることで骨盤が安定し、適切な状態にキープすることができるようになります。

下腹部を引き締めたい人にもオススメです。

<方法>

①仰向けで膝は伸ばし、両手は床を向け身体の横に軽く広げる

※腹筋が弱い人は手をお尻の下に置く

②膝は伸ばしたまま地面と90°の所まで両脚を上げる

③かかとが地面に着かないギリギリの所までゆっくり下げる

※10~15回を3setを目安に

 

<注意点>

・脚の上げ下げ中、腹筋の力は抜かない

・足を90°以上上げない

→90°以上だと腹筋の力が抜けてしまいます

・足を下げる時腰を反らない

→下げるとき腹筋の力を抜いてしまうと腰を痛めてしまうので注意

→腰が反ってしまう(特に腹筋が弱い)人は手をお尻の下に入れると腹筋に力が入りやすくなります

 

 

関連記事リンク

脚の捻じれのチェック法~O脚・X脚になる原因~

 

O脚の人はお尻がたるみやすい⁉

 

診察やその他のお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

性別 (必須)

生年月日
西暦

お住いの地域

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 

 

 

TEL 052-717-2261 〒 名古屋市中区栄5-16-11 矢場町駅3番出口から徒歩20秒 ※予約優先制ですのでお電話でご予約をしていただくとスムーズにご案内できます。 メールでのお問い合わせはこちら