名古屋 栄 タイコ接骨院

電話で予約 ネットから予約

TOPICS POST トピックス

呼吸が悪いと身体の不調は起こりやすい!

名古屋市栄のタイコ接骨院の岩田祐典です。

 

今回は呼吸について解説したいと思います。

呼吸は無意識のうちにしていると思いますが、何のためにしていますか?

 

呼吸をする理由

ヒトは生きていくために呼吸は絶対的に必要です。

呼吸が止まれば死に至ります。酸素がなくなるとヒトは生きていけないからです。小学校とかで習いましたよね?

呼吸の役割は酸素を取り込んで二酸化炭素を吐き出す。こんな風に習ったと思います。

これは間違いではありません。正しいです。

しかし、こう言われると”酸素は必要なもの””二酸化炭素はいらないもの”のような気がしませんか?

これは大きな間違いです。

酸素・二酸化炭素ともにヒトにとって必要です。

 

酸素と二酸化炭素の役割

酸素は呼吸によって取り込まれ、血液によって毛細血管を通り、全身の臓器・筋肉・組織などの細胞まで運ばれます。細胞で酸素を使ってヒトの活動に必要なエネルギーを作り出し筋肉を動かすなどさまざまな生命活動に関わります。この過程で二酸化炭素が体内で作られます。

体内で作られた二酸化炭素は呼吸によって排出されます。しかし、二酸化炭素は酸素を全身に運ぶのにとても重要な役割をします。

その役割は血液から細胞に酸素を受け渡す手助けをします。また二酸化炭素が血中の酸素をどれだけ細胞に取り込むかを決める役割もします。

血中の二酸化炭素の量が増えると呼吸を増やすように反応します。

二酸化炭素の耐性が低い人は少ない二酸化炭素の量でも呼吸が誘発され、呼吸過多になります。これは呼吸をし過ぎる異常呼吸です。

日常的な呼吸過多は二酸化炭素を吐き出し過ぎてしまうので先ほど説明した役割ができなくなってしまいます。

結果、酸素はあるのに上手く使えないから身体の活動が鈍く、疲れやすくなってしまい、少し血中の二酸化炭素濃度が増えると呼吸をして二酸化炭素を排出してしまう慢性的な呼吸過多になってしまう。

 

【酸素】

・細胞でエネルギーを作るのに必要

・筋肉を動かすなどの生命活動に関与

【二酸化炭素】

・酸素を細胞に受け渡す手助け

・酸素をどれだけ細胞に取り込むか決定する

・二酸化炭素の量によって呼吸を調整する

 

今回は二酸化炭素への耐性を測るテストを紹介します。

 

BOLT(体内酸素レベルテスト)

 

【方法】

・ストップウォッチを準備

・普通に鼻から吸って、鼻から吐く

・息を吐いたところで鼻をつまむ(完全に息を止めて空気が入ってこないように)

※ここで時間を測定開始

・息を止めた状態から「息を吸いたい」と思うところまでの時間を測定

※唾が飲み込みたくなったり、喉が収縮したりするのは呼吸をしたいサインなので測定終了

※あくまで「息を吸いたい」と思うところまでを測定するので限界まで我慢しない

・鼻から手を放し、鼻で呼吸を再開

 

【BOLTスコア】

理想は40秒以上

20~30秒:やや悪い

20秒未満:悪い

40秒以上は合格です。20~30秒の人は呼吸過多傾向なので改善の余地あり、20秒未満は呼吸過多なので呼吸を見直さなければいけません。

自分はどの程度二酸化炭素の耐性があるか知るいいテスト法なので測定してみてください。

呼吸の改善法などはまた今度詳しく解説していこうと思います。

 

 

正しい舌の位置とは?~舌の位置異常が腰痛・肩こり・姿勢の崩れを誘発する~

 

正しく呼吸をすることが肩こり・腰痛の改善に繋がる

 

診察やその他のお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

性別 (必須)

生年月日
西暦

お住いの地域

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

TEL 052-717-2261 〒 名古屋市中区栄5-16-11 矢場町駅3番出口から徒歩20秒 ※予約優先制ですのでお電話でご予約をしていただくとスムーズにご案内できます。 メールでのお問い合わせはこちら