名古屋 栄 タイコ接骨院

電話で予約 ネットから予約

TOPICS POST トピックス

正しくフルスクワットをし腰痛を予防・改善しながら美しい体を創る

タイコ接骨院代表の岩田泰典です。

king of training” フルスクワットをしよう。

 

ハーフよりフルスクワットが効果的な理由とスクワットをすることで腰痛が改善するメカニズムについてのコラムです。

 

halfよりfull、フルスクワットのメリット

 

 

①大臀筋・ハムストリングスの活動量がfullの方が大きい。

下半身は大きな筋肉の集まりです。

大きな筋肉が活動すると脂肪燃焼効果を高めてダイエットにも効果的。

 

②腹筋群も一緒に鍛えられる。

深くしゃがんだ状態から体幹を安定させたまま立ち上がるので腹筋群を刺激する事ができる。

フルスクワットの方が腹筋トレーニングをするよりも腹筋群を強化できると言う研究者もいるくらいです。

 

③実はhalfよりfullの方がケガのリスクが少ない。

これは意外かもしれませんが深くしゃがむフルスクワットの方が膝を痛める危険性は少ないです。

深くしゃがむ事で大腿四頭筋(太もも前面)からハムストリングス(太もも後面)優位に筋肉が活動する為。

 

④halfよりfullの方がストレッチ効果も高い。

フルスクワットで深く屈伸する事で足関節・股関節の柔軟性を高める事ができます。

足関節・股関節の柔軟性が高まれば痛みやケガの予防にもなります。

 

難易度が高いと恐れられているフルスクワットですがこんなにも利点があります。

あえてデメリットを言うならば正しいフォームを習得するのが難しい所でしょうか。

 

 

正しくスクワットをすることで腰痛が改善される理由

 

①スクワットは内転筋群を活性化させる

内転筋群が活性化されると股関節の捻じれが改善されます。

股関節が正しい位置になると腹筋群が活性化されて腰部を保護し腰痛の改善・予防に繋がるという訳です。

 

②スクワット動作での股関節周辺のストレッチ作用

スクワットの動作で股割効果があります。

スクワットのおろす動作の際に内転筋群や内側ハムストリングスをストレッチする働きがあります。

内転筋・ハムストリングスをストレッチすることで骨盤の前後傾が正常化され腰痛を改善することができます。

 

③殿筋を活性化させる

腰痛に悩まされている多くの方がお尻の筋肉が使えてなく、ハムストリングスが代償して過剰に働いていることが多いです。

そうするとハムストリングスのタイトネスで骨盤が後傾となりやすくヘルニアや腰痛などを引き起こすリスクが高まります。

スクワットで殿筋群に刺激を与えることで殿筋・ハムストリングスがバランス良く機能し腰痛・ヘルニアを改善します。

 

 

最後にフルスクワットのフォームを解説していきますね。

 

フルスクワットの正しいフォーム

 

 

 

①スタンスは肩幅よりやや広めで足を少し外に向けて立ちます。

 

②ドローイン(息をはいてお腹を凹ませ腹圧を高める)の状態を作る。

 

③膝が足先より前へ出ない事

 

 

足先と膝の向きを同じにする事を意識し深くしゃがみ、素早く立ち上がります。

この時股関節と腹筋をしっかり使うイメージを持って下さい。

立ち上がる時膝が完全伸展しないように。

膝を完全に伸ばさない事で下肢筋群を休ませないのと膝の半月板への負荷を軽減させ膝を痛めるリスクを下げる意味があります

 

 

 

いかがですか?

フルスクワットがしたくなったでしょう?笑

 

フルスクワットを習得して腰痛を予防・改善しながら圧倒的な体を手に入れましょう!

TEL 052-717-2261 〒 名古屋市中区栄5-16-11 矢場町駅3番出口から徒歩20秒 ※予約優先制ですのでお電話でご予約をしていただくとスムーズにご案内できます。 メールでのお問い合わせはこちら